転職に必要な履歴書の書き方を伝授!

転職活動をするにあたって、まず最初に取り掛かるのが、履歴書の作成ではないでしょうか。

履歴書は、あなたと転職先を結ぶ大きな要。

どうせ応募するなら、転職先の採用担当に『この人に一番会ってみたい!』と思わせるような履歴書を作成したいですよね。

そこで今回は、転職採用に一歩でも近づける履歴書の作成方法(書き方)についてご紹介したいと思います。

これだけは押さえとけ!採用担当者に読み流しされない履歴書の書き方

どれだけ誤字・脱字がない履歴書でも、ごちゃごちゃと見にくいものや、同じようなことを長ったらしく書いているものは、採用担当者の方に読み流されてしまうことがあります。

特に希望の転職先が書類選考を行っている会社なら、なおさら気を付けたいところ。

そこでまずは、採用担当者にしっかり読んでもらえるような履歴書の書き方・注意点を解説していきます。

現在の年月日は提出日を記載する

現在の年月日は、後回しにするとどうしても忘れがちになってしまうため、先に記載しておくことをおすすめします。

記入する年月日は、郵送する日(メール郵送の場合も含む)または持参する当日の日付です。

統一されていれば西暦・元号のどちらでも構いませんが、一般的には元号を使うのが基本です。

プロフィール(氏名・生年月日・現住所・連絡先など)もはっきりと

氏名を書くときは、名字と名前の間にスペースを入れておくと読みやすくなります。

また、現住所は省略せずに書いた方がよいでしょう。

そして、氏名と住所の上にはふりがなを記入する項目もありますが、この場合、「ふりがな」のときは平仮名で、「フリガナ」のときはカタカナで書きます。

ごちゃごちゃ感NG!学歴・職歴は見やすく簡潔に

履歴書の学歴・職歴記入欄は行数が少ないため、シンプル・イズ・ベスト。

なるべく読み手がごちゃごちゃ感を感じないように書くのが基本です。

そのため、学歴は高校卒業から(中卒の場合は中学卒業から)、職歴は○○会社入社・退職を書くだけでOK!

行数が余りそうな場合(就職先が少なかったときなど)は、以前の職場でどんな事業を行っていたか、簡潔に書いておくとよいでしょう。

資格・免許は転職先に関係のある(実務で活かせる)ものを

これまでにとった資格や免許は、取得日が古い順に記載していきます。

基本的には転職先に関係のある資格や免許を優先的に記入した方が有利ですが、取得した資格などが少ない場合は、自己PRできるものを選んで書きましょう。

※普通自動車免許も立派な資格です。忘れずに記載しましょう!

志望動機は最も熱意を伝えられる大事な項目

志望動機はなぜその会社に転職したいのか、どうしてその仕事に就きたいのかを伝えるための大事な項目です。

よくあるテンプレ通りの志望動機ではなく、自分なりの言葉や目線で思ったことを伝えましょう。

欠かせない重要ポイントは以下の2点。

  • どうしてその会社に転職したいのか(数ある中で希望の会社を選んだ理由)
  • 自分が転職先でどのように活躍したいか

働きたい!という熱意を伝えることも大事ですが、採用担当の方に、あなたを採用することによって会社がどう発展するのかイメージできるような志望動機を書くように意識してみてくださいね。

本人希望記入欄は希望があってもなくても記載する

時間や勤務先に希望がある場合は、面接などで伝えるのではなく、あらかじめ履歴書に希望を書いておいた方が無難です。

特に何もない場合は、「特になし」と記載しても構いませんが、「貴社の規定に従います」と記載しておけば、より相手に良い印象を与えることができるでしょう。

これってどうすればいいんだっけ?転職先に提出する履歴書のちょっとしたギモン

どうせ履歴書を作成するのなら、記入項目以外もぬかりなくしておきたいですよね。

そこで次に、

  • 履歴書は購入場所やサイズに決まりがある?
  • 履歴書は手書きとパソコン作成のどちらが有利?
  • 証明写真はどこに行ってどんな服装で撮るの?
  • 過去の経歴、履歴書にはどう書くのが正解?
  • 職務経歴書不要の企業に履歴書を出す場合は?
  • 履歴書を入れる封筒の色やサイズ、郵送する際の注意点は?

といった、多くの方が疑問に感じることについてまとめてみました。

転職先に提出する履歴書は、サイズや色に決まりがある?

履歴書は書店や100円ショップ、コンビニなどで購入することができます。原則、転職先に出す履歴書は、どこで購入したものを使っても問題ありません。

また、サイズもA4・B5の2通りありますが、応募先の企業から指定がなければどちらを使っても大丈夫です。

履歴書は手書きとパソコン作成のどちらが有利?

以前は手書きの履歴書が主流でしたが、最近はパソコンを使って履歴書を作成する方も増えてきているそう。

パソコンスキルを求める企業が増えてきたこのご時世、手書きとパソコン作成のどちらが応募企業により評価してもらえるのでしょうか。

転職サイト・リクナビNEXTが行ったアンケート調査によると、半数以上は違いがない・どちらともいえないと回答。

手書きは文字の綺麗さや丁寧さを判断することができるし、パソコン作成はスキルを確認できる上に読みやすいとのことでしたので、決まってどちらかの方が有利といった感じはないようです。

履歴書に貼る証明写真はどこで撮ればいい?服装は?

アルバイトではなく正社員として転職するなら、証明写真も気を抜いてはいけません。

絶対条件としては、まず撮影から3カ月以内のもの(体形や髪型に大きな変化がない方が好ましい)であること、そして清潔感のある服装(基本は黒か紺のスーツ)・髪型で写っているものが良いでしょう。

また、撮影はスピード写真よりも写真館の方がクオリティも高く、表情や姿勢も含めて美しい仕上がりになるのでおすすめです。

過去の経歴はどうやって書くのが正解?

履歴書の職歴欄は、嘘偽りなく記入するのが鉄則。もちろん、働いていた期間も詐称はNG。

しかし、だからといって馬鹿正直に何でもかんでも書く必要はありません。

気になる点があれば、面接時に採用担当の方が質問するはずですから、伝えづらい理由で退職した場合は、“一身上の都合で退職” と書いてしまってOKです。

また、派遣会社で働いていた方や、雇用期間終了時に退職した方は、“契約期間満期終了のため退職”と書きましょう。

職務経歴書不要の企業に履歴書を出す場合は?

転職先に書類を送る際、履歴書とは別に『職務経歴書』も送るのが一般的です。

ただ、希望転職先の応募書類に「職務経歴書不要」と記載されている場合は、どうしたらいいのか迷う方も多いのでは。

そこで、書類選考を行っている方々からお話を伺ってみたところ

「面接で前職などを聞いているから不要です。」

「職務経歴書不要と記載しているのに経歴書を送ってくる人は、自分の履歴書に自信がないんだろうなぁと思う。」

といった意見もあれば

「経歴書不要と書いていても、やはり情報が多い方が有利。応募者がたくさんいた場合は職務経歴書なども含め、書類選考で決めます。」

「パソコンで作った経歴書は、本人のスキルもわかるのでポイント高いです。」

という意見も聞こえました。

そのため、一概には言えませんが、たとえ“職務経歴書不要”と記載されていても、ライバルが多い企業や、書類選考を行っている企業は職務経歴書を同封した方が無難だと思います。

履歴書を入れる封筒の色やサイズ、郵送する際の注意点は?

履歴書を郵送する場合は、定形外の無地(白)の封筒を使用しましょう。

書類が汚れたり、雨で濡れたりしないように、クリアファイルに挟むと尚良いです。

また、郵便料金に不足がないか、締切日までに届くかもしっかりチェックしておくことが必要です。

履歴書に自信がない人は転職サイト・転職サービスの利用がおすすめ

「丁寧に書くことは心がけたけど、やっぱり自分の履歴書に自信がない」

「より希望転職先の訴求に応えられる履歴書が書きたい」

「自己PRや志望動機が思い浮かばない…」

そんな方は、転職サイトや転職サービスの利用がおすすめです。

転職サイトや転職サービスは、求人を見つけるだけではなく、転職に成功するためのノウハウを紹介しています。

特に、転職サイトは求人企業の情報や雰囲気などを把握できるので、ライバルに負けない履歴書をつくるためのヒントも得ることができます。

各求人サイトで扱っている業種や求人が異なるので、自分に合ったサイトを見つけましょう。以下、当サイトがおすすめする転職サイトです。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、国内最大級の求人情報を取り扱っている転職サイトです。

無料の会員登録を行えば、リクナビNEXT限定の求人情報を見たり、さらには興味を持った企業からスカウトされたりすることも!

また、ご自身の強みを見つけられる本格的な診断サービスもあるので、履歴書の作成にもかなり役立ちます。

「この人に会ってみたい」と企業側が思ってくれるチャンスを何度も作ってくれる、それがリクナビNEXTです。

マイナビ転職

マイナビ転職は転職サイトながら、転職エージェントのようなサポートコンテンツがついているのが魅力的です。

特に履歴書コーチでは、プロのキャリアアドバイザーが採用担当者の視点でWEB履歴書を添削してくれるので、具体的な改善点や履歴書作成のコツを学ぶことができます。

実際に利用した方からも「選考書類が通った」「内定がもらえた」と喜びの声がたくさん届いているので、活用して損はないと思います。

DODA(デューダ)

DUDAは転職フェアやキャリアセミナーなどのイベントを数多く開催している転職サイトです。

転職フェアでは企業の採用担当者と話す機会も設けられているので、希望する業種のニーズを直接感じるチャンス!

また、転職人気企業ランキングで上位にあげられる300社の合格診断も受けられますので、自分のキャリアがどういった色を持つ企業に通用するかも知ることができます。

希望転職先に「この人は他の人と違う」と思わせるようなノウハウを自然に身に着けられるので、自己PRに自信のない方におすすめです。

さあ!あとは面接に臨むだけです。

面接のやり方については下記サイトを参考にご覧ください。

>>転職で失敗しない面接の仕方マニュアル!これで安心転職活動

まとめ

履歴書は希望の転職先で働くために避けては通ることができません。

まずは採用担当者に『この人に会ってみたい』と興味を持ってもらうことが先決。

そのためには、できるだけマイナスポイントが少ない履歴書を作成する必要があります。

熱意やスキルなんて二の次!とにかく自分の言葉で、丁寧かつ読みやすい履歴書を作ることが、転職採用への一歩ですよ。